スタッフブログ

請求書の小数点以下の表示方法はさまざま。

2020年05月25日  担当:佐藤

こんにちわ。開発の佐藤です。

先日、あるお客様から請求書の「数量」「単価」の小数点以下の表示方法で
相談がありました。

弊社のシステムは、基本的には「システム設定」で「数量」と「単価」の
小数点以下桁数を設定します。

例えば小数点以下桁数を『3』と設定すると

「1.123」は「1.123」と表示されます。
では、「1」はどう表示されるかといいますと「1.000」と表示されます。

場合によっては、あまり見た目がよくありません。
「1式」が「1.000式」と単位によっては考えものです。

ただ、小数点以下を「ゼロサプレス」すると
1.123
___1
と小数点が揃わず見にくい場合もあります。

これは、時と場合によると思います。
結局、このお客様は請求書発行時に「ゼロサプレス」するかしないか
選択できるようにしました。

請求書1枚とっても、人それぞれ考え方が違うので
それに対応しなければなりません。

これがオーダーメイドシステムのいいところだと思います。