スタッフブログ

PCのメモリサイズは余裕を持って

2021年08月30日  担当:黒川

お客様から、最近、PCできる蔵の動作が遅くなったとご相談を頂きました。

稼動から数年経過しておりましたので、データ増加による遅延症状かと思い
データをお預かりして一連の動作を確認しましたが、事象は確認できませんでした。

次に、お客様PCのリソースの負荷状況を確認させて頂くと
メモリとディスクの使用率が常時100%に近い状況が続いていました。

そこで
・不要と思われる「アプリケーション」や「サービス」を停止
・ローカルディスクのエラーチェックとクリーンナップ
・TEMPフォルダ内のファイルの削除
・仮想メモリのサイズの切り直し
を行い、様子を見ることにしました。

後日確認すると、ディスクの使用率は改善されていましたが、メモリの使用率は変わらない状況でした。
メモリ使用率の高いものを見るとWindowsOSに関するものが負荷を占めておりました。
物理メモリを増やすことで改善できそうな状況です。

メモリの増設(交換)を自分で行うと、メーカーの保守を受けられなくなります。
PC購入時には、WindowsOSの更新(拡張)を考慮して、余裕を持ったメモリサイズを選ぶ事が重要なようです。