スタッフブログ

Access VBAでフォームコントロールを配列のように扱う方法

2011年11月14日  担当:阿部

あらかじめ、フォームコントロールを、1~順などに振っておきます。

例えばテキストボックスを10個作るのでしたら、「テキスト1」、「テキスト2」…「テキスト10」のようにします。

VBA側でフォームオブジェクト(上記の場合テキスト1~10)に値を設定するには、以下のようにします。

Dim i As Integer

For i = 1 to 10
Me(“テキスト” & CStr(i)) = i
Next

簡単に10個のテキストコントロールに値を入れることができますね。