スタッフブログ

相手の気持ちになって考える

2012年02月02日  担当:佐藤

こんにちわ。佐藤です。

先週、NHKのプロフェッショナルを見ました。
内容は、リダーとは?といった感じのものでした。

その方は、Windows2000の開発を携わり、
今は、Googleで活躍されている人です。

その方は、若い頃「どうしてわからないんだ」
「自分でやった開発した方がはやい」
と、思っていたそうです。

リーダーとして孤立し、悩んだそうです。
そのとき、上司に言われたのが
「相手の気持ちになって考えなさい、話を聞きなさい。」
今は、できるだけ話を聞く側に回り、チームが行き詰ったら
疑問を投げかけ皆で話し合うそうです。話が元に戻ったり
時間がかかったりしても、よりいいものを作るために
とことん突き詰めるそうです。

実は、昔私もリーダーをしたことがあるのですが
怒ってばかりで、この方と同じように
「自分でやった開発した方がはやい」
と思っていました。
そして、できあがったものは独りよがりのものでした。
リーダーとしては失格でした。

「当たり前」だと思っていたものが、他の人には当たり前では
なかったりするのです。
今はなるべく人の話を聞き、まず自分の考えは置いといて
「それ面白い意見だなぁ」と思いながら聞いて自分に取り込んでいます。
人それぞれいい経験をしているので、勉強になります。

みなさんも、どうしてこの人はこういう意見なのだろうと
思いながら話を聞いてみてはどうでしょうか?
また、違った考えを取り入れいい仕事ができるのでは
ないでしょうか。
今日は、このへんで。