スタッフブログ

納品後の作業

2012年04月28日  担当:漁崎

漁崎です

先月納品させて頂いた製造業様へ納品後の操作説明を行いながら使い勝手のご要望の対応をしている
段階なのですが、各ご担当様にいろいろなご意見を頂いております。

部材の検索方法についてはある得意先様担当の方は相手先の管理品番で探すことが通常であったり、他の得意先様担当の方は規格やサイズ、または製造メーカーの品番で日常行っているので対応できないか。

受注登録で在庫照会をご提供しているのですが、その段階で受注数に対しての部材の不足数、発注数などを確認できるようにしています。その際に他の受注で引当されている引当数も表示しているようにご提供しました。すごく喜んで頂きましたが、ご担当者様がこの引当数はどの受注番号での引当てかここで見えると便利なんですよ!そういわれると確かにと思います。

トウサイはこのような現場の声を納品後に確認しながら使いやすさを向上させてご提供していきます。

 

納品後に大変なのはトウサイだけではなくお客様も只今、製品マスタ、部材マスタの登録準備で大奮闘中です。しかし恐ろしいくらいのスピードで準備されているので本稼働も早いと感じています。

このマスタデータの準備が大変で現状の管理されているデータには不要な物(ゴミデータ)などが多くあるものです。新システムの入れ替え時に整理したくなるのですが時間が掛る作業なのでご苦労されています。

どのお客様もそうですが捨てるデータを選らんで時間が掛るようです。今回のお客様は必要なものを選ぶことに決められたようで早く準備が出来たようでした。