スタッフブログ

利益を考える

2012年10月24日  担当:佐藤

こんにちわ。佐藤です。

先日、昔いた会社の上司と話をすることがありました。
この方は、現在自分で会社を立ち上げて成功している方です。
本人曰く、「成功なんかしていない」だそうです。

ただ、立派に毎年利益を上げていっているそうです。

この元上司の話を載せます。
元上司がいた昔の会社の社長は、口癖のように「売上をあげろ」と
言っていたそうです。
まぁ、これはどこの会社でもそうです。当たり前です。

売上は、上がっていきました。でも、倒産してしまいました。
さて、何故でしょう?

どこの会社もそうですが、特に大手さんを得意先にもっている所は、
毎年のように「単価見直し」が入ります。
その結果、どんどん利益は減っていきます。
最悪なことに、赤字にもなってもそれを売り続けます。
なぜかと言うと、取引がなくなるのが怖いからです。

大抵、古いのは廃盤になって新商品がでて新しい単価で
利益がとれるのですが、廃盤にならなくて、しかも大量に
売れてしまうことがあります。

例えば、1個当たり利益がマイナス10円だとすると1万個売れると赤字が
10万円になってしまいます。
これが売上は、上がったけれども倒産してしまった理由です。
怖いものです。売上が上がれば、上がるほど赤字になってしまうのです。

この教訓を生かして元上司は、利益主義で頑張っているそうです。
売りが少なくても、赤字にならないようにしているそうです。
もちろん、取引上赤字になるものもあるそうですが、徹底的に
交渉するそうです。

利益管理というのは、重要だと思いました。
PCできる蔵を利用されているお客様で、利益管理・原価管理を
されていないお客様がいましたら是非、弊社担当者まで御相談を
してみてください。
機能追加で見えなかった部分も見えるかもしれません。

ながながとなりましたが失礼します。