スタッフブログ

真のオーダーメイドとは

2016年06月13日  担当:角井

先月末に、1年ががりでアプローチしていました
新規のお客様からご契約をいただきました。

おつまみ用の柿の種、ナッツ、アーモンド等の製造業様です。

製造工程は原料の調合と袋詰めのみですが、
現行システムでは製品の在庫管理がうまく運用できていないかつ、
繁忙期のピッキングにて誤出荷が多く、この問題を
解決するために新システム導入をご検討されておりました。

製品完成時の入庫処理及び、ピッキング作業にハンディターミナルを
使う提案を行い、トウサイの既存のお客様にて実際にハンディを
ご使用されている場面の見学を行ったり粘り強くご提案を続けた結果、
ご契約を頂きました。ありがとうございます。

ご提案中に印象的な言葉がありまして、現行お使いのシステムも
オーダーメイドなのですが、

「今の業者はオーダーメイドと言っても、何かお願いするたびに、
どのようにやるのかを教えて頂ければ作りますという、要するに
言われた通りにしか作らない、提案ができない業者さんだったので、
オーダーメイドという言葉に慎重になっている」

というものでした。

当然弊社は打合せの中で、これまでの実績も踏まえ他社様の運用も
ご説明しながらいかにそのお客様にとって最適かを実運用も考慮し
ご提案していきます。

しかし中には、オーダーメイドは何でもできますとは言えど、
言われたとおりにしか作りませんと解釈されているお客様も
いらっしゃる点は注意して今後ご提案していかないと
いけないなと思いました。

何はともあれ、今後が大事ですので、しっかり構築していきます。