スタッフブログ

Windows10の無償アップグレード終了間近!でも、アップグレードは慎重に。

2016年07月05日  担当:松本

7月29日にWindows10の無償アップグレードが終了します。

アップグレードした方が良いか迷っている方が多いのではないかと思います。アップグレードした方が良いのか、または、しない方が良いのか。残念ながら絶対的な正しい答えはありません。ご自身に合った選択をする事が重要です。

アップグレードした方が良い場合

  • Windows10の機能を使いたい。
  • データのバックアップや、リカバリ(購入時の状態に戻す)は、自分で出来る。
  • 今使っているPCを大切に使用して2020年以降(Windows7をお使いの場合)も使いたい。

アップグレードしない方が良い場合

  • もしPCが使えなくなったら困る。
  • 今使っているソフトや装置(プリンタ等)がWindows10に対応しているかわからない。
  • 古いPCを使っているため2020年(Windows7をお使いの場合)までに買い替える予定。

弊社によく届くトラブルは、「アップグレードしたら印刷が出来なくなった」です。最近はそれも改善されたようで少なくなりました。私自身は「アップグレードしたらネットワークが繋がらなくなった」という経験をしたため、迷っている方には慎重な選択をお勧めしています。

無償アップグレード期間終了後も、約3万円弱の費用でアップグレード出来ますし、もしアップグレードに失敗した場合、リカバリ(購入時の状態に戻す)をショップ等に依頼すれば数万円の費用が必要になりますので、東京オリンピックの2020年前までに買い替える前提で、慣れたWindows7のまま使うというのも1つの選択肢だと思います。

※Windows7は2020年1月14日、Windows8/8.1は2023年1月10日まで、安全に使用出来ます。