スタッフブログ

要注意!Office(Word,Excel等)の2013と2016の混在問題!!

2016年09月22日  担当:松本

既にOffice 2013のWordやExcel等をお使いで、他のOffice製品(AccessやPowerPoint)を
購入しようとしている方は、問題が発生する場合がありますのでご注意下さい。

正確な情報は、以下のマイクロソフトのWebページをご確認下さい。

Office 2016 購入に関するご注意
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2016/attention.aspx

問題が発生するのは以下の場合です。

1.クイック実行形式(以下、C2R形式と表記します。)の異なるバージョン
2.同じバージョンの異なるインストール形式

なんかとても分かりづらいですよね…

まず、これを理解するためには、インストール形式について理解する必要があります。

Office 2013以降は、インストール形式が2種類存在します。
(これが元凶だと思うのですが…)

1.C2R形式
2.MSI形式

調べてみた所、以下の様になっていました。

C2R形式
・プレインストール(PC購入時に付いていた製品)
・パッケージ(量販店等で購入した製品)
・Office365

MSI形式
・業者から購入したボリュームライセンス

一番問題が多そうなのは、既にOffice 2013のWordやExcelを使用しているPCに
他のOffice製品(AccessやPowerPoint)を追加購入する場合です。

これらを、今、量販店等で購入しようとすると、そのバージョンは2016になります。
2013はもう売っていません。

Office 2013のWordやExcelがプレインストールされているPCに、量販店で購入した
C2R形式のAccessやPowerPointを追加でインストールする事は出来ないのです。

先ほどのマイクロソフトのWebページによると、AccessやPowerPointの2016を
購入して連絡すると2013を無償提供してくれるそうですが、せっかく買っても
すぐに使えないし、古いバージョンになってしまうし、なんだか面倒ですよね。

Office2010以前のWordやExcel+Access2016をお使いの場合に、WordやExcelを
2016にバージョンアップする場合も注意が必要です。

もし、Access 2016がMSI形式であった場合、量販店でWordやExcel等の2016を
購入しても、追加インストールして使用する事は出来ません。

無駄な買い物にならない様にご注意下さい。