スタッフブログ

得意先から請求先としてリース会社を指定される場合

2016年12月24日  担当:清水

こんにちは、清水です。

今回ご紹介するユーザ様の業種は木工製造業です。
これまで業務管理はEXCELで行っていましたが、弊社の業務管理システムを導入いただきました。

導入にあたってお客様がご要望されたのは請求先変更の自由度でした。

  • 通常の得意先請求の他に、相手先の部署または納入商品によってリース会社への請求になる場合がある。(高額商品のため、しばしばリース物件扱いとなる)
  • 請求先になるリース会社は何社かあり、商品の検収後にリース会社が決定する。
  • また請求書発行後に売上伝票の一部商品が別の請求先へ変更となることがある。
  • 同じ得意先の中でも部署別に必要な請求関連帳票の種類とフォーマットが異なる。

こうした点を使いやすく便利に仕立てさせていただきました。

「業務処理がちょっとイレギュラーでシステム化できるかどうかわからない」
こうしたお悩みもオーダーメイドソフトなら可能かもしれません。
ぜひトウサイにご相談ください。

~・~・~・~

さて、本年も多くのお客様にお世話になりました。誠に有難うございました。

時節柄ご多忙のことと存じます。くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。

来年も何卒よろしくお願いいたします。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。