スタッフブログ

Macで弊社ソフト『PCできる蔵』を動かす。

2020年03月17日  担当:佐藤

こんにちわ。
開発の佐藤です。

先日、長年お付き合いさせていただいているお客様の
バージョンアップの納品をさせて頂きました。

今回のバージョンアップの内容で、外からも『PCできる蔵』を
動かしたいというのがありました。

そこで、弊社のブログでも何回か掲載されている『RemoteApp』という
技術で実現することになりました。

ただ、それを実行するのが「MacBook」や「iPad」ということなので
Microsoftの「RemoteDeskTop」アプリのMac版で動かそうと
思いました。

以前、「Android」や「iPhone」のスマホでは、確認が取れているので
大丈夫だろうと思っていました。

納品前に、お客様の所に確認しに行ったところ、
「MacBook」はうまく動作するPC、動作しないPCなどがありました。
「iPad」では正常に動作しました。

とりあえず、正常に動作しない「MacBook」のOSのアップデートをお願いし
その場は帰社しました。

納品当日、同行した弊社の者が調べた結果、なんとか「MacBook」は
全て動作することができました。
ただ、今度は「iPad」がうまく動作しなくなりました。

後日、社内で他の者の協力のもと調査していたら以下のことが判明しました。

1.RemoteDeskTopではうまく動作する
2.「RemoteApp」では接続できているようだが、
画面が真っ黒で表示されない。ただし、たまに表示される。
※「Ctl+Alt+Del」のキーを送ってキャンセルをすると画面が
正常に表示されることが判明

サーバーの設定を変更したり、いろいろ調べたりしたのですがお手上げでした。
おそらく、RemoteDeskTopアプリのグラフィック系の不具合ということで落ち着きました。

お客様にその説明をしに行ったところ、不思議なことにお客様の「iPad」は正常に動作していました。

RemoteDeskTopアプリも無償のものなので完璧ではないのでしょうね。

難しいものです。