無駄を省いて必要最低限の費用で構築する最適なシステム環境

  • 自社のネットワーク構築に、本当に高額なサーバーが必要か?
  • セキュリティ対策はどの程度しておけば良いのか?
  • バックアップ体制はどうすれば万全か?
  • 災害時の停電対策、事故対策にはどのようなものがあるのか?

自社にどのようなネットワークを構築するべきか?IT化が進み業務の効率化が迫られる昨今、中小企業が抱える最も重要な問題です。
いざシステム構築の見積りを依頼してみたら、難解な説明と高額な費用が提示されて困った…という声をお聞きすることも少なくありません。 トウサイでは、業種や形態に応じて、最も必要とするシステムは何か?どのような拡張機能が必要か?適正に診断して、わかりやすく丁寧にご提案した上で、必要最低限のコストでご提示させていただきます。
余分なシステムや、不必要なマニュアルなどをカットすることで、本当に有効なシステム構築が可能になります。

LAN構築

全てのハード選定(サーバー、クライアントPC、ルーターほか)から社内インフラの設計施工、LAN配線工事、回線、インターネットプロバイダー、データセンターの選定や手配、設定までトータルでご提案いたします。

セキュリティ対策

マイナンバー制度導入に伴い強化が求められるセキュリティ対策。UTM構築(統合脅威管理)の導入など、ウィルス対策ソフトだけでは防ぎきれない問題に対応したご提案をいたします。

データバックアップ

万一の時に備えた復旧作業量や対外的な信用問題を考慮した上で、最低限必要なデータバックアップ体制をプランします。ご予算やデーター量、機密度に応じた適切なデータ保護対策をご提案いたします。

拠点間通信:VPN構築

遠隔地でも社内LAN同様にソフトやデータを扱える拠点間通信(VPN構築)は、支社や支店、店舗のシステム構築で重要な役割を果たします。サーバーを本社の一拠点に置くことで、各支店でのバックアップ対応も万全です。

いまお使いのLANシステムを無料診断いたします
過剰な構築のご提案は一切いたしません
LAN構築から設置工事までトータルでお請けいたします
構築後も継続したサポート体制でバックアップします

LAN構築

必要最低限の費用でご要望に合わせたLAN構築

  • 十分なスピードと安定したLANで業務をスムーズにしたい
  • 社内インフラ、回線や機器、LANなど一括で対応して欲しい
  • 増設などで複雑になったLAN回線をスッキリさせたい
  • セキュリティ対策を考えた安全なLANを構築して欲しい
  • ハードの選定
    サーバー、クライアントPC、ルーター、UTM、停電時対応、プリンター複合機 ほか
  • 社内インフラの設計施工
  • LAN配線工事
  • ウィルス対策ソフト、UTM構築
  • 各種設定・手配
    回線、インターネットプロバイダー、データセンターの選定や手配 ほか

セキュリティ対策

二重対策で情報漏えいやウィルス感染を防ぐ

  • 増える不正アクセスにウィルス対策ソフトだけでは心配
  • レベルを強化した上で既存のセキュリティ対策コストを見直したい
  • 自社のシステム最も有効なセキュリティ対策を提案して欲しい
  • 専門的な知識を持つスタッフがいなくても運用できるサポートが欲しい

インターネットサイトやスパムメール、USBメモリによる感染など、大切な情報が常に「ウイルス」の危険にさらされています。
脅威に対抗するためにはウイルス対策ソフトだけでは不十分です。アップデートの集約管理や通信制御、社員の知識向上なども同時に考える必要があります。

< UTM(統合脅威管理)構築>
多重防御や通信制御を有効にするためには、基幹部分での管理・監視をする機能を環境に含むことが必要です。
万全なセキュリティ対策のために、当社では個々のソフト導入と併せてUTMを構築します。

データバックアップ

災害や感染など「まさか」のデータ消失を防ぐ

  • 過去のデータが膨大になっていて簡単にバックアップが取れない
  • 非常時のバックアップをどうすれば良いのかわからない
  • 専門知識が無くても簡単に定期的なバックアップを行いたい
  • 自社のデータ量機密度に合ったバックアップを採り入れたい

多くの情報がデジタル化している現代では、重要な情報の多くがコンピューターの中にデータとして保存されています。
そのデーターが、自然災害やウィルスによる攻撃などで、一瞬にして消失するトラブルは決して珍しい事ではありません。
そんな時に、企業の命綱となるのがデータバックアップです。

【北海道データセンターにてバックアップ管理】
当社では北海道石狩にデーターセンターを置き、お客様のソフト及びデータを安全に管理しています。
保守サービスを通じて、定期的なバックアップを行います。

拠点間通信(VPN構築)

遠隔地でも社内LAN同様の情報共有

  • 支店との情報通信コストを削減したい
  • 社外から社内ネットワークへアクセスして必要な情報を入手したい
  • 支社や支店が少なくてもVPNを導入するメリットがあるか疑問
  • VPN導入によるセキュリティの脆弱化が心配

支社や支店などにそれぞれサーバーを設置すると、共有データの分散などが起こり、構成がわかりにくく混乱をきたします。
一拠点にサーバーを集中させてVPNを構築すれば、セキュリティ対策やバックアップも集中的に実施できるので、個々の拠点のバックアップも最小限に抑えられます。

【VPN構築】
VPNとは離れた拠点間でも、社内ネットワーク同様にデータやソフトを共有通信できる機能です。支社や支店が少ない場合でも、サーバーを一拠点に集中させることで、セキュリティ対策やバックアップも集中的に行えるため、メンテナンスの面からも非常に有効です。