スタッフブログ

何でも出来るシステム=何にも出来ないシステム?

2017年01月31日  担当:松本

「せっかくシステム構築をするのだから」と、思いつくままにいろいろな機能を作っておきたいと思われるかもしれませんが、なるべくシンプルなシステムを目指した方が使いやすいシステムになります。

シンプルなシステムは、誰でも簡単に使えますし、誰が入力しても、同じ結果が得られます。

必要以上に多機能なシステムは、今使いたい1つのメニューが、使わない多くのメニューの中に隠されてしまい探すのが大変だったり、使い方も難しくなります。

それは、ちょうど迷路の様です。

多機能なシステムは、多くのゴールが用意されているので、それまでに沢山の分かれ道があります。ゴールにたどり着くまでに多くの正しい選択をしなければなりませんが、シンプルなシステムは分かれ道が少ないので迷わずにゴールにたどり着けます。

「何でも出来るシステム」というのは、選択肢やゴールが無限にある訳ですから、なかなかゴールにたどり着けなくなってしまうのです。その結果「何にも出来ないシステム」となってしまう可能性があります。

長くお使い頂くためにも、なるべくシンプルなシステムをお勧めします。