スタッフブログ

悩む前にまず相談ください!オーダーならではの対応方法があります。

2018年10月29日  担当:角井

先日お伺いしたのは、注文住宅のハウスメーカ(工事業)様でした。
弊社のシステムは長くお使いいただき、バージョンアップのご提案にお伺いしました。

ところが、前回のバージョンアップ時とは大きく状況が変わっておりました。

①最近になって会計ソフトを導入し、同じシリーズに原価・請求管理の機能も
入っているので、試験的に使って、評価している。
この原価管理機能から会計ソフトへ仕訳データが連携されるため、
これまでの入力作業は軽減されるかもしれない。
しかしながら、原価管理の機能はこのお客様の業務に合っておらず、
PCできる蔵に頼らざるを得ないのではないかというのが正直な所とのこと。

②PCできる蔵では、現在の仕様では、階層の多い見積書を作成できないため、
その場合に限り、別のパッケージソフトを使っている。
当然ながら受注から請求処理に流れる場合、PCできる蔵に再入力している。
そこで、階層型見積作成機能を新たにPCできる蔵にて機能追加し、
会計ソフトへの連携については、会計ソフト側にCSV取込機能が有れば
それで代用するご提案をしてきました。

会計ソフトメーカへの問合せ確認後に、改めて日程を頂き、見積機能のデモを
行うこととなりました。

ソフトの仕様が業務に合わないという点、重複入力がどうしても発生してしまう点、
このような状況の場合、オーダーメイドだからこその対応が可能です。