スタッフブログ

Windows Updateが失敗する?

2020年11月09日  担当:平川

先日、会社用PCのWindows Updateの状態を確認したところ、以下のように
「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」
と表示され、ある時点からWindows Updateが実施されていないことに気が付きました。
 

 
再試行を何度か押してみましたが状況は変わりません。
このまま放っておいて自然に改善されるとも思えず、ネットで検索して
以下サイトを参考にエラー修復を試してみました。
https://itojisan.xyz/trouble/19461/
 
 
解説によると、Windows Updateに必要な環境やファイルに問題が生じているらしく、
紹介されている9つの方法を試してください、とのことです。
 
どれも手順はそれほど難しくありませんが、何をしているのかよくわからないものもあります。
それでも解説にある通りの手順を一つ一つ試してみます。
 
 
 
結果、9項目の内8つを試してダメでした。
最後の「Windows10の上書きインストール」は手軽にできそうにないので
もう一度最初から試してダメなら考えよう、ということで再度トライします。
 
 
2周目でようやくうまくいきました。8つめの「DISMコマンド」実施後、
めでたくWindows Updateが始まりました。最初の試みでは実行後数分待っても処理が始まらず、
「何だか良くわからないけど何も起こらなかった」と勘違いして処理を中断していたみたいです。
 
「○○%」の表示が出る前に画面を閉じていたのがダメだったみたいですね。
 

 
 
今回のケースはネットで検索すると解決方法を指南するサイトがたくさん見つかります。
それだけ同様の現象が発生している人が多いのでしょうか。
 
 
PCの安全性を保つためにも必須と言われているにも関わらず、Windows Updateは
何かと問題を起こしますね。毎月の定期アップデートや大型アップデートなど…
 
しかし、根本的なトラブル解消を期待することは難しそうです。
自己解決するため、その知識を身に着けていくしかなさそうですね。