スタッフブログ

開発にあたって

2011年12月26日  担当:佐藤

こんにちわ。佐藤です。

さて、今日は私がシステムを作る時に
注意していることを書きます。

まず、当たり前ですが単純な不具合を出さないようにする
ということです。

不具合といってもいろいろありまして

1.単純にプログラムミスによる不具合
2.想定範囲外での操作による不具合
3.Accessによる不具合

など、いろいろあります。
1.の単純にプログラムのミスはテストによって
完全とは言えませんがほとんどクリアできます。

また、2.についてはたくさんのお客様と接して
たくさんの想定範囲外の操作に対面して対処
してきました。

やはり、私たちはパソコンになれていてどうしても
それ基準で作成している部分が多々あるので
気付かないこともあります。

お客様よりご連絡がありいろいろお話を聞くと
「こんなやり方をするのか!」と、ビックリします。
そんな経験を生かし、ブロックしたりそういう操作をできなく
したりしています。

3.に関してはMicrosoftのAccessというものを使って
弊社の「PCできる蔵」を作成しているのですが
最近は、OSの切り替えハードの仕様の切り替え
(32bitから62bit)もありAccess自体に不具合が生じることが
あります。

現在OSですと、WindowsXP,WindowsVista,Windows7(ServerOSは除く)
Officeですと、きりがなくOffice97~Office2010までと
これらの組み合わせだけで 3 x 6 = 18通り
こんなにパターンがあるとMicrosoftも対処できないのでしょう。
それは、不具合がでるというものです。

Microsoftもすぐに対応できるものではないので
なかなか修正プログラムがでてきません。
そこで、3.に関しては困ってしまうのです。

よくあるのが、「今まで大丈夫だったのが今日からおかしくなった。」
これは、Microsoftから更新プログラムが送られてきて
それが適用され不具合が生じておきた時によく聞きます。

常日頃、ご迷惑をお掛けしないように心がけているのですが
難しいものですね。

何かおかしなところがあると思った時は、考え込まずに
すぐにご連絡を頂ければと思います。
そのままにしておくと被害が大きくなることもあるので
早めに遠慮せずご連絡をください。

不具合だけではなく、操作面などいろいろ心がけてはいるのですが
十人十色、いろいろな人がいるので難しいですね。
その辺は、オーダーメイドソフトのいいところで
少しずつ改善していきたいと思います。

それでは、今回はこのへんで