スタッフブログ

リモートソフトの比較について

2020年04月06日  担当:平川

平川です。
 
コロナウィルスの感染拡大が深刻な状況になってきました。
緊急事態宣言の発令も決まり、感染爆発・医療崩壊を防げるかの瀬戸際に来ているという状況です。
皆様どうか被害に遭われないよう十分にお気を付けください。
 
 
各自治体での休校延長の動きも広がっていますね。明日4/7に娘の中学入学式を
控えている立場としては複雑な心境ですが、対策には万全を期してもらいたいものです。
 
 
さて、この状況下です。お客様から「テレワークを導入したい。自宅から職場の
PCをリモート操作するのにどのソフトがお勧めか?」とのご相談を多くいただきます。
 
 
そこで、私の知る限りではありますが、簡単に各リモートソフトの特徴をあげてみました。
 
 
 ①クイックアシスト
  ・マイクロソフトが無償で提供
  ・Windows10標準搭載のためインストール不要
  ・Windows10同士での接続必須
  ・マイクロソフトアカウントを作成する必要あり
  ・リモート開始時、職場PCの操作が必要
 
 ②Chromeリモートデスクトップ
  ・Googleが無償で提供
  ・自宅/職場ともにWebブラウザChromeのインストールが必要
  ・Gmailアカウントを作成する必要あり
  ・常駐接続が可能
 
 ③LAPLINK
  ・本体¥15,800+保守サービス¥3,000/年 ※2ライセンス分
  ・自宅/職場ともにソフトのインストールが必要
  ・自宅用/職場用として2ライセンスの購入が必要
  ・ルーターの設定が必要
  ・常駐接続が可能
 
 ④TeamViewer
  ・¥2,067/月
  ・1アカウントで接続先3台まで使用可能
  ・自宅/職場ともにソフトのインストールが必要
   ※インストール不要の使用方法もあります。
  ・常駐接続が可能
 
 
当然、費用がかかる方が機能が充実していますが、無料のクイックアシストが
お手軽に始めることができ、オススメです。
 
 
これを機にテレワークの導入をご検討してみてはいかがですか?