スタッフブログ

花屋さん

2011年11月02日  担当:角井

昨日、訪問してきたのは、お花屋さんです。
とはいっても、花屋さんへ、卸している、卸業者さんと言った方が
正しいかもしれません。

広い敷地に一面、多くの種類の鉢植えの花が置いてあり、
さすがに華やかです。

温室もあり、そちらには様々な樹木が置いてあります。

弊社のPCできる蔵システムは、現金売上、売掛管理、手許有高管理と、
半分レジのような使い方をしていただいております。

お客様が商品をご購入の際、PCから売上伝票入力し、ドットプリンタで
売上伝票を印刷し、その場で現金でお会計する場合も多いです。

そうなると、頻繁にお客様の前で現金取引を行うので、
使い勝手の良さが勝負になります。

例えば、伝票入力の際、キーボードからマウスを持ち替えると
入力スピードが落ちるため、なるべくマウスを使わない、キー入力だけで
伝票発行までが可能であったり、同じく、エンターキーにて、なるべく、カーソルが
余計なところに移動しない画面設計であったり、システム全体としては、
特別複雑な処理は行っておりませんが、その反面、通常のお客様へ導入するよりも、
入力効率をシビアに考えた作りになっています。

確かに、修正依頼を頂く場合も細かい内容が多かったりしますが、
日常、業務で使用しているお客様からすれば、1回の無駄なカーソルの動きが、
1日に100枚の伝票を印刷するとなると、100回無駄な動作を行なっていることとなり、
結果、非常に非効率になってしまいます。

このような対応が可能なのもオーダーメイドならではと思いつつも、
私のようなシステムを作る側が、日常どのような運用をされているかをよく思い浮かべ、
どんな、簡単な細かい修正の依頼であっても、お客様の気持ちになって修正、
提案していくことが、大切なんだなあと改めて思っております。

帰り際に、お花まで頂いて帰ってきてしまいました。
本当にありがとうございました。。。