スタッフブログ

長期にわたり使用している業務管理ソフトの見直し

2020年04月28日  担当:大橋

販売管理や生産管理など業務で使用されているソフトウェアは様々あります。

月に一度使用する管理帳票などは見慣れてはいますが、それが当たり前となり
お使いになっているケースも多々あるようです。

システムから一定の操作で出力される一覧表を基に別途手計算やEXCELへの
入力をすることで会議資料や部署ごとの必要書類を作っているとのお話が出ることが
あります。

「あと一工夫すればそのまま会議で必要な資料が出来上がる」

「3枚にわたる表を見比べながら来月の予定を立てる」

など毎月の作業として普通に資料作成をしているかと思いますが
少しでも時間を短縮し、また残業などを減らせることができるなら工夫するべきです。

私どもの「PCできる蔵」はオーダーメイドです。

一旦使用し始めたソフトウェアを見直し・修正を続けることでより便利に
業務時間の短縮につながるようにご相談をお受けしています。

当時は必要だった機能が今は不要になってしまうこともあります。

業務フローは変化していくものだと考えています。

既に当社のソフトを採用いただいているユーザー様に関しては今後は
遠慮なくご相談いただき、これから見直しを検討されている企業様は
機械がございましたら、何に時間がかかっているかを調べていただき、ご相談いただければと思います。

あきらめずにもう少し楽に仕事ができるのでは?を一緒に考え、作っていくのが
「PCできる蔵」です。

是非、ご相談いただければ幸いです。