スタッフブログ

needsとseeds

2011年10月29日  担当:漁崎

漁崎です。

久しぶりに洗車をしました。家の近くにコイン洗車場があるので行ってみました。
洗車機は水から泡洗剤、そして最後に水がでる仕組みになっていて途中で止めることもできます。
今はワックスや撥水タイプなどもあり使う側のニーズにあった仕組みのなっています。

ここまで便利になるのには、使う側の立場にたってなんども繰り返し改良をしてきたんだろうと
思いました。

ニーズ (needs)は、欲求、要望でシーズとは( seeds)企業が消費者に新しく提供する技術・ 材料・サービスだそうです
システムの仕組みやインフラは進化していきます。しかし顧客のニーズはそのお客様によって違います。洗車機のようにみんなが便利と感じるものでも、ワックスが自分でスポンジでやる人には
自動で洗車機でかけることは必要ないし、そのために200円高いのはサービスの押し売りに感じるかもしれません。

システムも標準機能という名もと本当は使わない機能も多くあるパッケージも少なくありません。
日常で本当に苦労している作業や時間短縮したい個所にお金をかけ、画面で確認できればいいだけで帳票にすることもないものは進めない。そんな使う側の立場で仕事を続けたいものです。